百十一回目の出会い系体験レポ 前編【20代後半 普通体型 イククル】

今回はイククルでのお話。





皆様ごきげんよう。いかがお過ごしでしょうか。

寒い時期、例えば雪が降ったりという状況ですと、なかなか人の出が悪くなるものですが、これから段々と暖かくなってくるので、多少サイトにも人が出てくるのではないでしょうかね。

若い子はそうでも無いのですが、人妻さんや子持ちの方などは、今時分くらいから春休みに入ってしまうとまた動けなくなってしまうので、2月から3月の終わりくらいまではいい時期じゃないでしょうか。

お休みで今日暇だな~などと思ったら、サイトに登録して、お相手探しをしてみるのも良いかもしれません。



という事で、百十一回目



<はいさようなら>


いつものように、翌日のお相手を探すため、前日夜に各サイト掲示板作成して参ります。

一通り済むと、女性掲示板の確認。

見慣れないアカウントで掲示板が立っていたので、一応確認してみると、20代後半既婚普通体型。

割り切って会える人を探していて、容姿を気にするので写メが見れる方限定、との事。

スペックは悪くは無さそうなのですが、掲示板を立てているという行為自体がマイナス要因なので、あまり気にすることも無く、メールが来ることを祈りつつ就寝。


翌朝起きると、その嬢から掲示板にメール着信。今日お時間あるそうで、条件面は問題ないのですが、写メ交換をしたいとの事。

写メ交換と言っても、色々ありまして、礼儀のなっていない方は、「写メ見せて下さい」などとおっしゃって、こちらから写メを送らせておいて、気に入らなければその後はシカト、などと言う事も多々あります。




ほかに候補も無く、しぶしぶ写メ送信。

写メを送るのが嫌なのではなく、写メを送ると、大抵断られるブサ面なのでございます。


ちなみに写メを絶対送りたくない、という方でも全然お相手は見つかるかとは思います。要は分母をどこまで増やすかの問題でして。

これは考え方ですが、容姿を気にするから、写メを送ってくれ、という方の方が、実際に会った時は対応が良い気がします。少なくとも、誰でもいいから条件合えば、という方よりは遥かに。

通らなければ通らないで、という消極的なテンションではありましたが、通ってしまったようで、ラインでやり取りしましょう、という事で、IDを送信して以後はラインでのやり取りに。




よろしくどうぞ、などと適当なご挨拶を入れていると、あちらからも写メが送られてきます。

写りが今一つなのですが、パッと見は結構可愛らしい感じ。福田沙紀さんを薄くした感じでしょうか。目がクリっとしているお顔立ち。

今日は勝ったね、よっぽどのパネマジにでも引っかからない限りは!

リズムよくやり取りをしつつ、これからでも大丈夫、との事でしたので、取り急ぎ待ち合わせ場所に移動。


到着を伝え、待ち合わせ場所で待っていると、女性がテクテクと歩いて来ます。女性側は車を見られたくはないでしょうから、ちょっと遠くに停めて歩いてくるってのが基本でしょうね。


アモ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o レ――♪



まさかの逆パネマジ、福田沙紀っつーか、平愛梨的な方がそこに。

写メからもう少し丸いイメージを持っていたのですが、実際はシャープな輪郭の美人さん。人妻さんらしく、あまりオシャレな格好をしてない所もまた結構。

軽く挨拶から入ってみますが、愛嬌がある感じで話しやすく、とってもよろしい。来ましたねコレ。


ホテルへ向けて車を出しつつお話をしていきますが、お仕事を辞めちゃって、時間があるので、出会い系でひと稼ぎ出来ないか、という感じの様ですかね。

夫婦間の仲も悪くはないけど、Hは殆どない。まあ、出会い系サイトにいらっしゃる典型的な人妻さん、といった所でしょうか。

実際こんな感じで、仕事が無くて、手っ取り早くお金を稼ぎたいけど、風俗に入るくらいなら、出会い系の方が相手も自分で選べて、お店に取り分を奪われることなくやっていけるんじゃないか、という方がいらっしゃるのですが、現実そんなにうまくいかないでしょうね。




出会い系サイトの難しいのは、やればやる程、サイトに滞在する時間が長くなればなるほど、相手が見つけにくくなることでしょうか。これは男性も女性も同じです。

出会い系サイトって、私の様な暇を持て余していて、別に条件合えばいつでも会えるよ、って男性が常にサイトに常駐している訳です。

逆に、半ばセミプロの様に、毎日のようにサイトに掲示板を立てて、お相手を探している女性、ってのもおります。


サイトに常駐しているような男性は、いつも掲示板を立てているような女性は避けるでしょうし、女性側も出来れば、サイトにいつもいる様な男性は避けたい所でしょう。

要は、一番相手を求めている、ヘビーユーザーの様な層というのは、男性側も女性側もお互いに会う事は殆ど無いんですね。

まあ、これが出会い系サイトにおける一つの悲劇というか。

マツコ・デラックスとか、ミッツマングローブの様な女装の方って、そこで付き合っちゃえばいいじゃんと、傍から見れば思うのですが、お互いでお付き合いすることは「共食い」と言ってほとんどないそうですが、そんな感じでしょうかね。うん違うかもしれない。




男性も女性も、普段サイトにいないような、例えば若葉マークが付いたようなアカウントに群がってしまいます。

私もそうでしたが、登録して何も分からない方はスルスルと話が進んでしまえば、そういうもんかと乗っかってしまう事もあるでしょう。


ただ、風俗なんかでもそうですけど、結局こういうのはリピーターをいかに作れるか、というのが肝で、毎日毎日新しいお客を探して、というのはどこかで限界が来るでしょうね。

私が聞いた中で、一番稼いでいる方でも月25位って言ってましたかね。二十歳そこそこの方でしたが。その方でも半年くらいでサイトからいなくなったので、結局は食っていける程の稼ぎを得られるか、って言ったら難しいんじゃないでしょうかね。




可愛らしいお顔立ちの割に、人懐っこいというか、キャバクラ的でもなく、ガールズバー的というか、いい感じで気が抜けたリラックスした話し方で、こちらも話がしやすく、声がね~柴咲コウ的な若干のハスキーボイスでいいんですよね~。

写メ交換は必ずしていて、どうしてもダメそうなら断っているとの事で、最低限の部分はクリアできていたのか、ある程度の好感をもって接してくれているような感じを受け、めんどくさいけどやってみるもんだなという気はします。




ホテルに到着して、ソファでお話を続けます。

ちょっとぽっちゃりしているというお話でしたが、服を着ている分にはそんな感じも受けず。典型的な普通体型といった所。

話がソコソコに弾むのをいいことに、オッパイはどの位なんですか~などと胸に手を当てると、ポヨンポヨンしております。CからD位でしょうかね。お身体のバランスからすると、ちょっと大きめといった所。




言い方は悪いですが、容姿がソコソコの方がお相手だと、こちらも思い切ってガツガツ行けたりするのですが、自分の中の一定以上の容姿の方がお相手だと変に緊張してしまって、慎重になってしまいます。

所がこの嬢妙に人懐っこく、まるで根拠のないイケる感を感じてしまい、ゆっくりとキスをしてみると、舌がグニュングニュンと絡みついて来ます。よし勝つる!




そこからはキスを繰り返しながら服を脱がしにかかり、途中「暗くしてほしい」との事でしたので、光量調整を素早く済ませつつ、ソファにM字開脚に。

いつもの展開ではございますが、後編へ続きます。


19 お役に立ったら押してやって下さい!