六十四回目の出会い系験レポ 前編【20代後半 普通体型 PCMAX】

今回はPC★MAXでのお話





変換 ~ o128008531393469262027


梅雨の合間の快晴。暑い日でございました。

私は高速を使い、一路塩尻へ。

掲示板にメールをもらった40代後半の方と会うために。


何度かメールのやり取りをしている内に、それじゃあ会ってみましょうかとなり、約束を取り付けました。

メールの文面は丁寧で、返信のペースも早く、スムーズなやり取りが出来ておりました。

前日やり取りをした時に、写メを頂いたのですが、非常にお綺麗。

まあ逆に綺麗過ぎるのが気になったのですが、条件提示も無く、親善試合だろという事で、行ってみましょうかと。


変換 ~ 11038001052


という訳で、待ち合わせ場所に着き、着いたむね、メールをすると、「遅れます」と。

30分ほど過ぎた頃に、着きましたとメールが来て、「トイレに行くので待っていてください」と。

15分ほど掛かってようやくメールが来ると、「お店の入り口の前にいます」と。

テクテクと歩いて4ヶ所ある入り口をぐるぐる回ったのですが見つからず、どこにいるかとメールを送ると、

「写メ送ったはずですが」

と冷たいメールが届いたかと思うと、速攻で無視リストに入れられたようで、連絡が取れなくなってしまいました。


変換 ~ 20101025-00004036-r25-001-2-view


業者だったのか、CBだったのか、はたまた気付かないうちに、顔を確認され無視されたのか。よく分かりませんが、下道を使い、トボトボと帰る羽目に。

まあ大体、親善試合などで、会えないケースなどは、細かいメールのやり取り→遅れる→無視リスト、という感じでしょうね。別に初めてじゃないやい!

とまあ、そんな悲しいおもひで。

親善試合だと喜んで掴もうとすると、往々にしてそういったことがあります。世の中そんなに上手くは行かないものです。


変換 ~ 20120530073141577


そんな出来事にも懲りずに、また女性とやり取りをしております。

PCMAXからメール受信。20代後半。ちょいポチャさん。若葉マークがついているので新人さんでしょうか。

出会い系を始めたばかりでよく分からないそうですが、「面白そうな方なのでメールしてみました」との事。


日に1~2通ずつ、ほぼ毎日やり取りをするような形でしたが、さほど発展性がある感じでもなく、「エッチが好きなので、会ってみたいけど、ちょっと怖い・・・」という感じ。

気が向いたらお願いします、というような形で、細い関係を保っておこうかな、と言った所。


変換 ~ 1517


休日ボケッとしていると、午前中からメール着信。

当たり障りの無い世間話のようなものにお付き合いをしていると、どうやらお休みで暇しているご様子。


この日はどうしても外せない用事が3時間後に控えており、出来れば日を改めたかったのですが、話をしていると、どんどん行けそうな方向に。

会ってみたいけど怖いんですよね~的な感じでしたので、会って怖かったら断わっていただいて良いですよ、的なメールを送信すると、それじゃあ会ってみましょうか、という事に。


変換 ~ mqdefault
<ウシオがDIVASのプロデュースをしているらしいですね>


こういったものはパチンコと一緒で、時間が無いとか、何となくやってみようかとか、あまり乗り気じゃない方が、逆に上手く行ってしまうもので。

リミットは15時。現在12時30分。「13時でどうですか?」とメールをすると、13時半集合で話がまとまります。うーむギリギリ。

メールの返信がチョイチョイ空くので大丈夫か心配になりましたが、条件交渉も無かったので、まあ来なけりゃ来ないでしょうがないかと、気楽な感じで待ち合わせ場所へと向かいました。


待ち合わせ場所でジリジリしながら待っていると、10分遅れ程度で、「着きました!」とメールが入ります。

アラ、本当に来たのね。などと、慌てて車にファブリースなどを振りかけていると、横から女性の気配を感じます。


久しぶりに
キタ━(Д゚(○=(Д゚(○=(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)=○)Д゚)=○)Д゚)━!!!


変換 ~ c0108763_301128


あーいちゅあーーん!!

と大塚さん気分で叫んでしまいそうな、皆藤愛子似の女の子。スレンダーでぽっちゃりの要素が一つもございません。

なんだ、どうした、よくわからねえ!

おまけに素敵なビックスマイルで助手席に乗り込んで参ります。


変換 ~ mqdefault


パニック!!

ぬあー!時間がねえ!挨拶は後だ!車を出しちゃおう!

とあたふたとシートベルトをして、車を走らせます。


「こ、こ、コンニチハ!だ、だいじょうぶですか?」

「あ、ハイ、こちらこそ大丈夫ですか?」

車を出してから聞くような事でも無いのですが、なかなか素敵な笑顔を浮かべながら答えてくれます。しっかりと顔を向け、目を見て答えてくれるのが印象的。悪い子であろうはずがありません。


変換 ~ 96d7c417-s


急いでいることを悟られないように、キックダウンを繰り返しつつ、ホテルへと車を走らせ、動揺していないかのように振舞いつつ、お話をしていきます。

出会い系は始めたばかりで、初めて会ったとの事。優しい笑顔を浮かべながら、しっかりと目を見て話す方だなというのが印象的。思ったより緊張していないとの事で、楽しく会話をしながら、車を走らせております。


変換 ~ 20120924_ootsukanorikazu_21


ホテルに到着し、すぐさまお風呂の準備。お互いにソファで一服しながら出来上がるのを待っております。

時間は13時50分。1時間ほどあるので、事を済ますには充分ですが、これは確実に次に繋げないとなりません。何としても!

などと考えつつも、ふとお顔を見ると、どう考えても可愛い。今一つ現実感が無いんですよね。焦る気持ちがある一方、夢心地でフワフワしております。大丈夫なんだろうか、おっかない人とかが、ドアからなだれ込んで来ないだろうか。


woman_announcer_31_3.jpg
<愛ちゃんは吸うらしいですね>


そんなちょっぴり不安な感情も抱えつつ、お互いにタバコを2本吸い終った所で、お風呂へと向かいます。

という訳で後編へ。

0 お役に立ったら押してやって下さい!